アラサータイ一人旅行(10) 三大寺院:ワット・プラケオ&王宮inバンコク

こんにちは、くるぶしです。
 
 
 
タイ旅行記2日目の第5弾です。
 
 
 
 
初めての一人海外旅行は失敗ばかりでした笑
 
 
 

ワットプラケオと王宮に入場

 
 
 
ワット・プラケオ&王宮に入りました。
 
 
ワット・プラケオについて
 
 
エメラルド寺院の通称で知られているワット・プラ・ケオは、1782年、ラーマ1世が現在の王朝であるチャクリー王朝を開いたときに護国寺として建てた寺院です。


敷地内の黄金の仏塔には仏舎利(仏陀の遺骨)が納められています。


ワット・プラ・ケオは王室の守護寺院として建立され、タイで最も美しく、きらびやかな寺院です。


エメラルドブッダが季節に合わせ年3回衣替えします。


引用:ワット・プラ・ケオ(エメラルド寺院)
 
 
 
入場500バーツを支払う。
 
 
結構高い・・・
 
 
 
ワット・プラケオでは短パンでの入場が禁止されています。

 
 
 
 
服のレンタル(デポジット100バーツ)もあります。
 
 
最初から長ズボン用意していくと楽かも。
 
 
 
もしくは現地でタイっぽいパンツ(200バーツくらい)を購入も可能です。
(旅行客丸出しになりますが)
 
 
 
 
DSC_0637.JPG
 
 
カップルで履いているの可愛いですね。
 
欲しくなりました。
 
 
 
 
 
さすがは王宮、ライフルもった人がうようよいる。
 
 
DSC_0631.JPG
 
 
 
 
有象無象に紛れ、荷物チェックをして、中へ進んでいく。
 
 
持ってた荷物
 
 

・るるぶ(タイ、バンコク、アユタヤ)


 

・旅の指さし会話帳(タイ版)


 

 
 

・リュック(コールマンのウォーカー25)

 

 
 
 
 
 
・サコッシュ
 
 
 
 
 
 
 

 

一眼レフ

 

 
 

 

 
あとは、タオルと財布と水くらいです。
 
 
 
 
※別に怪しいもの持ってません。
 
 
 

中の様子

 
DSC_0636.JPG
 
 
 
 
 
 
圧倒的な金ぴかの建造物。
 
 
 
 
DSC_0628.JPG
 
 
 
 
 
 
何もかもがゴージャス。
 
 
 
DSC_0626.JPG
 
※頭悪い文章ですが、27歳です。
 
 
 
本堂や仏塔、ワット・プラケオを囲う壁には壁画があり、神話がかかれているとのこと。
 
 
 
建造物だけで一周、壁画でもう一周のおかわりタイムがあり、お腹いっぱいになりながら退場。
 
 
 
 
 

三大寺院・観光終了

 
 
 
時刻は昼の12時。
 
 
次なる目的地を探すため、るるぶに問いかける。
 
 
 
おや?
 
 

・るるぶ(タイ、バンコク、アユタヤ)

 

 
るるぶによると、
 
 
ワット・プラケオ
 
 
ワット・ポー
 
 
ワット・アルン
 
 
の3カ所を朝9時から回ると15時くらいになるはずだが、3時間も繰り上げてしまった。
 
 
 
どうしよう・・・
 
 
無計画の代償がここで発揮される。
 
 
 
 
仕方ないので、少し腰を休めながら必死に新たなスポットを探す。
 
 
 
ワット・プラケオから北に向かうと、カオサン通りというバックパッカーが集う場所があるらしい。
 
 
 
バックパッカーではないが、興味を惹かれたので向かうことにする。
 
 
 
ワット・プラケオを退場し、いざカオサン通りへ。
 
 
 
 
 
 

<note紹介>

夏に起こったしょうもない出来事について書いてます。

夏の出来事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です