アラサータイ一人旅行(28)バンコク・アート&カルチャー・センター

 

こんにちは、くるぶしです。

 

タイ旅行記3日目の第11弾です。

 

初めての一人海外旅行は失敗だらけでした笑

 

サイアム駅でショッピング

 
 
 
コムデギャルソンを着たことでなんだか自信が湧いてきた
※偽物です
 
 
 
服によって気持ちというのは大きく変わるものです
※偽物です
 
 
 
そんなこんなでサイアム駅に到着。
 
 
 
駅を降りると大きなビル。
 
 
 
 
とりあえず目についた建物に向かう。
 
 
 
※確か同じビル内のことだったと思いますが、記憶違いかもしれないです。
 
 
 
おおおおおお!!!!
 
 
 
ISSEI MIYAKEの文字に期待に胸を膨らませ中に入る。
 
 
中に入る時に、金属探知機?みたいなゲートをくぐりました。
 
 
 
警備員もいて、気まぐれな荷物検査をしていました。
 
 
 
中の雰囲気は百貨店のようなセレブ感。
 
 
コムデギャルソン(本物)のお店を発見
 
先ほど買ったTシャツを着て、店内に入ると店員さんが目をキラキラさせながら、深々と挨拶をしてくれた
 
 
 
 
 
いや、これ違います・・・・
 
 
と心の中でつぶやく。
 
しかし、さすがはコムデギャルソン。
 
 
 
店員さんがおしゃれだ。
 
 
 
モードな髪型に、モードな服装
 
 
(すみません、ファッション疎いので、こんな表現しかできないです)
 
 
Tシャツを手に取り、値段を見る。
 
 
日本と同じくらいの値段でした。
 
 
お店を出て、ビルの中をブラブラ。
 
 
何か良く分からんお店でしたが、個人的に好きだと思う絵が飾ってあったので、店員さんに許可を頂きパシャリ
 
 
 
 
 
 
(この作品が一番気に入りました)
 
 
 
 
再びブラブラ
 
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!
 
 
 
 

バンコクにもLOFTがある

 
 
なんとLOFTがありました。
 
 
 
めっちゃ興奮したな
 
 
 
出来上がってから19年ということらしい。
 
 
 
 
割と歴史が長い
 
 
 
扱っている商品は日本と変わりませんでした。
 
 
まだまだブラブラ
 
マネキンがスタイリッシュでイケメソ
 
 
 
 
更にブラブラ
 
他にもスタイリッシュな家具とかも置いてたりしました。
 
 
 
ビルの中はタイっぽい雰囲気はなく、店員さんも店内もおしゃれで洗練されていました。
 
 
 
世界観は独特かも
 
 
 
ビル内を歩き回り、ある程度満足したので、外に出る。
 
 
 
最初入ってきたところとは違ったが、目の前に違うビルがあるので、そちらへ移動。
 
ショッピングはまだまだ続く。
(まだ何も買ってない、パチもん以外)

 

ビルの間にオブジェ

オサレビルから脱出したくるぶし
 
 
そこで彼を待ち受けていたものとは・・・
 
 
突然、文体が変わり大変失礼しました。
 
 
あれですね。
 
資料作りとかしている時に、
 
最初「である」で表現してたのに、気づいたら敬語になってるやつです。
 
 
ちょっと遊んでみたくなりました。
 
 
 
さて、話戻ります。
 
 
 
意識高い系のビルを出たところ、ビルとビルの間でライトアップ?オブジェ?を発見。
 
 
 
恐竜だ!!!!
 
 
 
 
 
 
恐竜はテンション上がる。
 
 
 
恐竜はロマン。
 
福井県の恐竜博物館行きたい。
 
恐竜に食べられたい
 
 

バンコク・アート&カルチャー・センター

 
 
 
 
 
 
堪能して次のビルへ。
 
 
少し薄暗い?壁が暗いから?
 
 
先ほど明るいビルとは違った雰囲気のビル。
 
 
※店内の写真撮ってなかったです。
 
 
 
ぐるぐる回って、特に目を惹くものもなかったので、退出。
 
 
当初の目的地であった、バンコク・アート&カルチャー・センターを探す。
 
 
 
バンコク・アート&カルチャー・センターについて
 
ニューヨークのグッゲンハイム美術館を思わせるらせん状の美術館内部には、タイの伝統を尊重しながらも、新たな手法を試みるコンテンポラリーなアートがインタラクティブな形で展示されている。
 
また、施設内には、複数のカフェやギャラリーも併設されており、タイの最新アートシーンをめぐるには絶好の場所。
 
マーブンクローン・センター(MBK)、サイアム・ディスカバリー・センター、サイアムスクエアのある交差点の一角で、交通も便利。
 
ショッピングの合間に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


引用:バンコク・アート&カルチャー・センター
 
 
 
 
 
 
スカイウォークを駆使して目的地へ到着。
 
 
アーティスティックな人物がお出迎えこんな感じのおしゃれなお店?なのか個展なのか、ブースがたくさんありました。
 
 
 
ほほおおお
 
 
 
個人的には思ったより興味を惹かれるものがなかったので、あまりカメラの撮影も進まず。
 
 
店内をぐるぐる。
 
 
「飽きてしまった笑」
 
 
帰ろうと思い、外に出る。
 
 
ぽつぽつと写真を撮る。
 
 
 
 
 
割と好きな世界観
 
 
 
 
 
ショッピングモールを堪能したところで、披露も出てきたので、一旦ホテルへ帰ることを決意。
 
 
電車に乗り込み、スクンビット駅へ。
 
 
 
電車乗り間違えて逆方向に行ったのはここだけの話。
 
 

 

 

<note紹介>

夏に起こったしょうもない出来事について書いてます。

夏の出来事

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です