関西大阪でヒゲ脱毛体験。4社を比較。感想を解説します。

こんにちは、くるぶしです。

アラサーになり年々ヒゲが濃くなってきたように感じます。

日本で社会人をしていると毎日剃らないといけないヒゲ。

正直手間ですよね。

そして、伸びてくると清潔感が気になる。

特に可愛い子といる時なんか、めちゃくちゃ気になりますよね。

そんなことから気になったヒゲ脱毛。

最近は男性の脱毛も人気が出てきました。

そのためか「脱毛体験」ができる店舗も増えてきています。

今回は、僕が実際に足を運びヒゲ脱毛を体験した話をまとめました。

ヒゲ脱毛が気になる方。

体験だけしてみたいという方必見です。

目次

ヒゲ脱毛の体験がたったの1000円。メンズTBC

タレントのローラさんが看板娘をしているメンズTBC

体験を簡単にまとめると以下の通り

・ヒゲの脱毛は150本

・鼻下・顎・口下・顎下など場所を選ぶ(その中から1箇所のみ)

・体験時間は、説明も含めてトータルで2時間程度

・脱毛の効果が見えやすい

・脱毛方法は電気で抜くニードル

・ヒゲは伸ばして行く必要がある

順番に解説していきます。

 

ヒゲの脱毛は150本、脱毛の効果が見えやすい

何千本とあるヒゲですが、この体験で抜けるのは150本のみです。

多い?少ない?と人それぞれ感じ方は違いますが、150本でも「抜く」ので効果はしっかりと見えます。

 

鼻下・顎・口下・顎下から1箇所脱毛

脱毛は、部位によって分けられています。

ヒゲが多く生えている上記の箇所から、1箇所選んで150本の髭を抜いてもらうようになります。

スタッフの方曰く、鼻下が一番効果がわかりやすいとのことです。

ただ、一番痛いのも鼻下らしいです・・・

僕は勇気を出して?鼻したをしてもらいました。

僕の鼻下のヒゲは、左右の両端が密集しているので、その部分の毛量を少なくする感じで脱毛してもらいました。

 

体験時間は、説明も含めてトータルで2時間程度

最初に、簡単なアンケートや個人情報の記入などあり、その後にスタッフの方から脱毛に関しての説明や料金の案内があります。

ここで契約するわけではありませんので、料金に関しては安心して聞いてて大丈夫です。

ここで「へ〜」と個人的に感じたのが、「毛の量を少なくする」という選択肢もあることです。

僕は、脱毛イコールツルツル(完全脱毛)のイメージでした。

しかし、顔の髭だけでもツルツルの状態にするのは、1年半から2年くらいかかるらしいです。

社会人の人だと、時間をとるのも難しいので、2年も通わないといけないとなるとしんどいですよね。

そんな方や「ツルツルでなくても、剃る時間を軽減したい」という方用に、「毛の量を少なくする」という方法があるみたいです。

脱毛すること自体は変わらないのですが、一本一本の毛と毛の間隔を広くする感じです。

例えば、1平方センチメートルにヒゲが10本あるのと、2本あるのとでは、ヒゲの濃さ(密集度)の印象もだいぶ違います。

ヒゲの量を少なくしつつ、一本一本の間を広くすることで、ヒゲの濃さ(印象)を薄くするイメージです。

これだと、費用も時間も抑えれて、半年から1年くらい通えばOKらしいです。

スタッフの方がもう少し上手く丁寧に説明してくれるので、気になる方はぜひ聞いてみましょう。

 

脱毛方法は電気で抜くニードル

ヒゲの脱毛方法ですが、ニードル(髪の毛くらい細い針)をヒゲの毛穴に指します。

そして、ニードルの先端から電気を流し、ヒゲの元となる毛根(毛乳頭)を溶かして、抜く脱毛方法です。

 

ヒゲは伸ばして行く必要がある

ヒゲは伸ばして行く必要があります。

ヒゲの伸びるスピードは個人差があるので、難しいところですが、ピンセットでつまめる位(1mm以上)は伸ばして行く必要があります。

一般的には「1日剃らなければ大丈夫」くらいです。

うっかり、当日に剃らないように注意しましょう。

 

ニードル脱毛・ダンディハウス

木村拓哉などが広告を務めるダンディハウス

簡単にまとめると以下の通り

・体験は5,000円と少し高め

・ヒゲ脱毛後のフェイシャルケアが充実

・熱と電気を使ったニードル

・TBCより痛い

・頬から行ったので成果が見えにくい

・30分という時間縛り

・ヒゲは伸ばして行く必要がある

順番に説明していきます。

 

体験は5,000円と少し高め

TBCは1,000円と格安だったので、5,000円は結構高く感じますよね笑

ただ、理由としては下記で紹介するフェイシャルケアが充実してることにあったと思います。

 

ヒゲ脱毛後のフェイシャルケアが充実

脱毛は肌に負担がかかります。

また熱や電気を使うので、顔に熱がこもり赤くなったりします。

そのために脱毛後はケアが大切です。

フェイスパックによる皮膚の保護・冷却を丁寧にしてもらいました。

TBCでもありましたが、ダンディハウスほどしっかりはしておらず。

数分、冷却パックをして自宅用に3枚の冷却パックをもらい「ご自宅でお願いします」というスタイルでした。

ダンディハウスは、「ご自宅でお願いします」ということはなく、その場で完了します。

まあ、それでも高いけどね・・・

 

熱と電気を使ったニードル

脱毛方法は、TBCと基本的には同じですが、ダンディハウスでは「熱」も使うみたいです。

ただ、実際にやってもらっても違いがわかりませんでした笑

 

TBCより痛い

上記の「熱」を使うことが原因かは不明ですが、TBCより痛く感じました。

脱毛部位も違っていたことが原因かもしれませんが、痛かったです。

脱毛自体はTBCが初めて、ダンディハウスが2回目だったのにも関わらず、痛く感じました。

 

頬から行ったので成果が見えにくい

最初にアンケートでどこの部位から髭をなくしたいか。と優先順位を聞かれました。

鼻下を一番にしたので、鼻下をしてもらうと思ってたら、なぜは頬の毛をされました。

これは、僕のミス?ですが、TBCと同じく鼻下をしなかったので、効果は見えづらかったです。

というのも、僕は頬のヒゲはそれほど毛量が多くなく、一本一本がかなり離れて、ポツポツと生えてるからです。

ただ、触った感じは、「改善されたかな〜」

 

30分という時間縛り

TBCは150本という量でしたが、ダンディハウスでは「時間縛り」でした。

「それって、スタッフの腕で差がつくのでは・・・」と思いましたが、担当した方が、店長の肩書きだったので、とりあえず信用してやってもらいました。

個人的には時間縛りより、本数の方が良いなと思いました。

 

ヒゲは伸ばして行く必要がある

TBC同様に、髭を伸ばして行く必要があります。

ダンディハウスでは、「脱毛箇所は剃らずに1ミリ〜2ミリ伸ばした状態(ピンセットで摘める程度)」とのことです。

こちらもうっかり剃らずに注意しましょう。

 

フラッシュ脱毛・RINX

ここからは「フラッシュ脱毛」の体験になります。

フラッシュ脱毛を行うRINXを簡単にまとめると以下の通り

・パッチテストあり

・フラッシュ脱毛

・スタッフが親切・丁寧

・痛くない

・アフターケアもしっかり

・パッチテストが髭だけでなく、ボディもしてくれた

・飲み物も出してくれる

・お試しプランはおすすめされなかった

・ヒゲはそる必要がある(現地で剃ってくれました。)

順番に説明します。

 

 

パッチテストあり、髭だけでなく、ボディもしてくれた

最初にアンケートやスタッフの方からの説明があるのは、上記のTBCもダンディハウスも変わりませんが、こちらでは「フラッシュ脱毛ってこんな感じですよ〜」という無料体験をさせてくれます。

ただ、ガッツリではなく「鼻下1箇所」とかです。

僕の担当が店長だったので、少しサービス?してくれたらしく、鼻下は少し範囲を広めにしてくれました。

あと、ヒゲだけでなく、ボディの方も一箇所してくれました。

僕はヘソの下に1本だけ毛が生えてるんですが、その1本だけを脱毛をしてもらいました。

今は生えなくなったので、満足です笑

 

フラッシュ脱毛

RINXでは、フラッシュ脱毛という方法で脱毛をしました。

スタンプ?のようなものを肌に当てて、光を当てて脱毛するものになります。

TBCやダンディハウスと違って、光を当てるので、すぐにその場でヒゲがなくなるわけではありません。

1週間くらいするとヒゲが抜けてきます。

ヒゲが「抜けていってる」というのは体感はしづらいですが、「お、少なくなったな」というのは感じれます。

 

 

スタッフが親切・丁寧

もちろんどこの店舗もスタッフの方は親切・丁寧に対応してくれましたが、その中でもRINXは一番丁寧さを感じました。

TBCやダンディハウスは、女性スタッフが対応していたので、僕も緊張があったかもしれません。

RINXでは男性の方が対応してくれました。

スタッフの方も、当然「脱毛済」なので、自身の経験談も踏まえて説明してくれたので、こちらもイメージしやすく質問もしやすかったです。

偉そうなこと書くと「いい接客受けたな〜」って感じです笑

 

痛くない

スタッフの方からは、「意外と痛く感じるかも」と、忠告されてましたが、個人的には痛くありませんでした。

一瞬だけピリッとする感じですが、「痛い」とまでは言えない程度です。

 

 

飲み物も出してくれる

僕は、毎回「ヒゲ脱毛は初めて」という体で来店してました。

理由は、特にないですが、なんとなくです笑

なので、毎回「脱毛とは」みたいな説明受けてました。

ただ、「結構調べました」とかいうと、ある程度、簡略に説明してくれるので、時間はかかりませんでした。

それでもスタッフ側はヒアリング(なんで脱毛したいのか、どうなりたいのか)とかしないといけないんですよね。

その分の時間は、残念ながらかかりました。

ただ、RINXでは飲み物のサービスがありました(もちろん無料)

夏場だったので、冷たいアイスミルクティが美味しかったです

 

お試しプランはおすすめされなかった

RINXを行ったのは、キャンペーンをしてたからです。

僕の時は、「5,000円で3箇所(鼻下などから3箇所選べれる)脱毛体験」というものでした。

上記のパッチテストを受けて、「フラッシュ脱毛がどういうものか」、「やっても問題なさそうか」が分かったところでやってもらうつもりでした。

しかし、スタッフの方からはおすすめされず。

理由としては

・脱毛効果が分かりにくいから

・どうせやるなら、契約したあとの料金に回した方が良い

とのことでした。

この時、僕は完全にスタッフの方を信用していたので、「スタッフさんがそこまで言うなら」と体験はせずに終わりました。

しかし、個人的には体験しても良かったかなと思います。

と言うのも、下記のメンズクリアでフラッシュ脱毛を行ったところ「お、少なくなったな」とバッチリ効果を体感できたからです笑

もちろん、お店も異なるし、個人差もあるので、もしかしたら、スタッフの方の言う通りにして正解かもしれません。

ただ、個人的には向こうも商売なので、「脱毛の契約をして欲しいから」と言う理由で、会社として「体験は安くできるけど、おすすめしない」みたいな方針だったのかなと疑ってます笑

 

ヒゲはそる必要がある(現地で剃ってくれました。)

ニードル脱毛と違い、フラッシュ脱毛は髭を剃って行く必要があります。

僕は知らずにガッツリ1週間くらい剃らずに行ってました笑

ただ、パッチテスト(鼻下)をする際に鼻下の毛だけだったので、剃ってもらえました笑

 

フラッシュ脱毛・メンズクリア

RINX同様、フラッシュ脱毛のメンズクリア

簡単にまとめると以下の通り

・パッチテストなし

・1箇所1000円で体幹できる

・RINXと比べると痛く感じた

・ヒゲは剃る必要がある(現地で軽く剃ってくれました。)

 

パッチテストなし

 

こちらは、パッチテストなしでした。

そして、閉店も近い時間だったか、説明もそこそこでした。

対応が悪いとかではなく、僕も「結構調べましたよ」って言う体でいってるのと「体験だけしたい」と言うように話してたからだと思います。

「もし、契約する場合の料金はネットで見てください」って言われました。

 

1箇所1000円で体幹できる

僕が行った時は1箇所1,000円のキャンペーンをしてました。

なので、鼻下・あご下・あご・口下の4箇所をしてもらいました。

合計4,000円ですね。

 

RINXと比べると痛く感じた

RINXより痛く感じました。

あくまで体感ですが、フラッシュ脱毛はRINXが初めて、メンズクリアが2回目なのに痛く感じました。

お店によって扱ってる脱毛器も違うらしいので、それが原因かもしれませんね。

 

ヒゲは剃る必要がある(現地で軽く剃ってくれました。)

メンズクリアも髭を剃って行く必要があります。

今回は剃っていきましたが、剃り残しが少しあったようなので、そちらは現地で処理してくれました。

髭をガッツリ伸ばした際の対応は不明なので、剃っていきましょう笑

 

脱毛の種類。ニードル・フラッシュ・レーザーとは?

ヒゲの脱毛ですが、大きく分けて3種類の方法があります。

・ニードル脱毛

・フラッシュ脱毛

・レーザー脱毛

の3つです。

順番に説明します。

ニードル脱毛

TBCやダンディハウスが取り扱っている脱毛方法がこのニードル脱毛です。

上記での説明したので、重複しちゃいますが、ニードル(髪の毛くらい細い針)をヒゲの毛穴に指します。

そして、ニードルの先端から電気を流し、ヒゲの元となる毛根(毛乳頭)を溶かして、抜く脱毛方法です。

髭を1本1本、脱毛を行うので、時間がかかります。

ただ、効果は見えやすいです。

フラッシュ脱毛

RINXやメンズクリアで行っている脱毛方法です。

名前の通り、フラッシュを肌に当てる脱毛方法です。

仕組みとしては、下記で紹介するレーザー脱毛と似ています。

熱の照射によって、ヒゲが生える元となる「毛乳頭」の脱毛を行います。

しかし、フラッシュ脱毛は、レーザーに比べて出力を抑えています。

また、光を当てる範囲もレーザーよりも広いため、痛みも他の脱毛方法と比べると少ない脱毛方法となります。

 

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、フラッシュ脱毛とほぼ一緒です。

違いは、レーザー脱毛はフラッシュ脱毛と比べると

・光がより強い

・光を当てる範囲が狭くなっている

・フラッシュより痛い

・医療になるので、医療機関でのみ脱毛できる

です。

 

ヒゲ脱毛は痛い?痛くない?実際にしてみた感想は?

結論としては、地味に痛いです。

微妙な痛さに体がびくっとなったりします。

そして、脱毛する場所や方法によっても異なります。

ニードル脱毛は痛い?痛くない?

ニードル脱毛に関しては、TBCとダンディハウスで行いました。

TBCでは、ヒゲ脱毛で一番痛いと言われる鼻下

ダンディハウスでは、ほほ周辺

違うお店で違う箇所を脱毛したわけですが、個人的にはダンディハウスの方が痛く感じました。

不思議と、「一番痛い」と言われてる鼻下の方が痛くなかったです。

ダンディハウスは、TBCと違い「電気と熱」を使って脱毛します。

熱が原因か場所の問題かは分かりませんが、個人的にはTBCの方がおすすめです。(体験料金も安いですしね笑)

脱毛の痛みを上手く例えれたらいいんですが、自分で毛抜きで抜くよりかは痛く感じました。

電気とか熱を使っている分があると思います。

一瞬だけ鋭い痛みがあるって感じです。

 

フラッシュ脱毛は痛い?痛くない?

フラッシュ脱毛はRINXとメンズクリアで行いました。

RINXでは、鼻下のみ

メンズクリアでは、鼻下・あご下・口下・あごの4箇所

メンズクリアでは、4箇所でRINXでは1箇所のみですが、メンズクリアの方が痛く感じました。

同じ鼻下でも痛く感じました。

脱毛機器を見比べてないので、正確には分かりませんが、脱毛器が肌に当たった時にメンズクリアの機械の方が「面積が小さい」ように感じました。

ボールペンの側面を当ててるような感じでした。

一方でRINXは、消しゴムくらいですかね。

体感ですが、RINXの脱毛器の方が肌にあたる面積も広く・痛みも少なかったです。

フラッシュ脱毛は、イメージとしては、輪ゴムをパチパチ当てられてるくらいの痛みと一瞬だけ火が当たったような熱さを感じます。

※やけどしたり、赤くなったりはしませんでした。

 

脱毛の痛みは個人差がある

痛い・痛くないはある程度個人差があるので、上記はあくまで僕の感想です。

個人的には、「どこ店舗でどういう脱毛方法をするか」で痛みも変わってくると思いました。

ただ、上記の4つからなら、

・ニードル脱毛はTBC

・フラッシュ脱毛は、RINX

が個人的にはおすすめです。

 

ヒゲ脱毛は何故時間がかかる?何回も通う理由とは

ヒゲの脱毛って、よく「2年くらい通わないといけない」と言う話を聞くかと思います。

それは何故か。

詳しくは実際に脱毛に行くとスタッフの方が説明してくれるので、簡単に解説します。

普段、目に見えて、剃ることができるヒゲは、全体のヒゲの10~20%くらいと言われてます。

そして、今生えているヒゲも1ヶ月から3ヶ月くらいで新しい髭に入れ替わります。

同じ髭に見えますが、実は新しいヒゲが生えているんです。

そのヒゲの入れ替わりがあるため、一度の脱毛で全ての髭を脱毛することはどうやってもできません。

なので、新しいヒゲが生えたら、新しい髭を脱毛すると言う感じで何回も脱毛に通う必要があります。

ヒゲの量や濃さは個人差がありますが、ヒゲの生え変わりの周期は同じなので、みなさん2年くらいは通う必要が出てくるわけです。

僕の場合ですと、RINXで「体験をしても良かったな」とは思いましたが、結局は1ヶ月後以降は、振り出しに戻る状態になります。

だから、「脱毛は1回では効果がない」と言われているのです。

まとめ

以上、ヒゲの脱毛体験についてでした。

なかなか長文でしたが、ここまで読んでくれてありがとうございます。

ヒゲって気になりますよね。

僕はまだ体験しかしてませんが、やって良かったなと思ってます。

体験を行った1ヶ月くらいはヒゲの量も少なくなり、衛生的にも精神的にも「気分がいい」からです。

ちょっと効果が出てるのも感じれると尚更嬉しいですしね。

脱毛をするか迷われてる方(料金や痛みなどなど)は、ひとまず体験してみることをおすすめします。

僕のように体験で気に入れば契約すればOKです。

どの店舗も無理やり契約されたり、しつこい勧誘はしませんので、ご安心を。

脱毛をして、爽やかな男性になりましょう!!

 

<note紹介>

カナダのコンドーム事情について書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です