イライラするのは自分だけ?自分で調べない人・なんでもかんでも聞いてくる人の対処方法を解説します

こんにちは、くるぶしです。

現在、カナダのバンクーバーで海外ニート生活をしています。

日本で生活していても、海外で生活していても

・自分で調べない人

・なんでもかんでも聞いてくる人

がいます。

僕も昔は「質問ばかりする人」でした。

今は、幸か不幸か「聞かれる人」の立場になってしまいました。

今回は、上記の人たちの「聞いてくる」心理や、聞かれた時の対処方法についてお話します。

職場や友人関係で上記のように「なんでも聞いてくる人」に困っている方の参考になること間違いなしです。

質問してくる心理

質問してくる心理(当時の僕の考え)は、以下の通りです。

・どう調べたらいいのか分からない

・相手のことを考えてない

・コミュニケーションをとりたい

 

一つずつ、順番に説明します。

どう調べたらいいのか分からない

ここ十数年でインターネットが復旧して、何かを調べるならインターネットとなりました。

「ググる」という言葉も一般化しています。

しかし、インターネットに慣れてない世代やインターネットを自由に使えない人(子供)だと、「調べる」ということ自体がそもそも困難だったりします。

そもそもどのように調べたらいいのか?

何を調べたらいいのか?

というのがわかりません。

グーグルなどの検索ツールで「知りたい内容」を入力すればいいだけなのに、分かりません。

なので、昔ながらのスタイル「人に聞く」をしてしまいます。

相手のことを考えてない

質問をすると、回答しないといけない相手の時間を奪っていることを考えれていない人が多いです。

理由としては、

・本当に自分のことしか考えれてない

・その質問がどれくらい時間を奪うのかを想定できない

などあります。

自分のことしか考えれていない人は厄介です。

相手が回答して、また変わらなければさらに質問してくるので、いつまでたっても解決しません。

反対に、時間を想定できない人はまだ救いがあります。

質問する人は、「すぐに回答がもらえるだろう」と思っています。

実はその回答には数分以上の時間を要することを伝えれば、また時間がある時になどに質問を後回ししてくれる可能性があります。

 

コミュニケーションをとりたい

これは、意外と誰にでもあるのではないでしょうか?

例えば、「いい天気ですね〜」とか、「最近どうですか?」などを想像するとわかりやすいと思います。

初対面の人や久しぶりに会った人などと会話のきっかけを作るために上記のような質問をする人も多いと思います。

また、明らかに分からないような質問をする場合も同様です。

例えば、野球一筋の人に、ゴルフのルールを尋ねるなどです。

それは、その人の知識や分野に全く関係のないことです。

質問する方も本気で知りたいわけではなく、相手とコミュニケーションを取りたいために質問しています。

 

以上が、質問する人の心理です。

過去の自分が上記3つの全てに当てはまります。

とても恥ずかしいのですが、自分の経験があるから間違いのない事実です。

ここからは、解決策について解説します。

対処方法

解決策は以下の通りです

・逆に聞く

・全部説明する

・無視 or 分からないふりをする

・時間を奪っていることを教えてあげる

 

逆に聞く

「〇〇って何?」、「△△ってどうしたらいい?」など聞かれたら、逆に質問しましょう。

「あなたはなんだと思う?」、「あなたはどうしたらいいと思う?」とおうむ返しで大丈夫です。

もしくは、少し長くなりますが、

それについてどれくらい調べたの?
こっちも知ってることは説明する。
でも、すでにそっちが知っている情報だとお互いに時間の無駄になるよね。
だから、知らないことだけを教えるYO。

と答えましょう。

おそらく相手は、少し極端ですが

・全く何も調べてない(ダメなパターン)

・「□□までは調べたけど、〇〇の△△っていうところが分からない」と答える人(超優秀なパターン)

と分かれるかと思います。

後者のパターンならラッキーです。

相手の分からないところだけ回答しましょう。

前者の場合は、厄介です。

対処方法については下記を参考にしてください

 

全部説明する

優しい人は、一から十まで説明しましょう。

相手が納得のいくまで説明すれば引き下がってくれます。

しかし、あまり説明しすぎると、

・毎回質問してくるようになる

・説明が長いと相手が理解できないので、再度説明が必要

 

と手間も増えるので、ご注意を

 

無視 or 分からないふりをする

無視は少しひどいかも知れませんが、「今忙しいから今度にして」など遠回しに対応を断りましょう。

どう行動するかは相手次第ですが、そこまで面倒を見る必要はありません。

分からないふりも有効です。

これは、相手が「コミュニケーションを取りたい」場合にも有効です。

「さあ〜」とか「どうだろうね〜」とか、いい加減に相槌を打って大丈夫です。

もしくは、「分からない」ときっぱり言っても良いです。

 

時間を奪っていることを教えてあげる

嫌われる可能性も高いですが、「時間を奪っていること」を伝えましょう。

自分のためにも相手のためにもなります。

もし、相手が「前に質問したら、時間泥棒はやめてと言われた」とか言ってたら、その人は最低なので、さっさと縁を切りましょう

時間は有限なのに理解してない人と絡むと、ますます時間が無駄です。

そして、その人の人間性自体にも問題がある可能性があるので、縁を切りましょう

 

調べるように促す

まず何が分からないのか聞きましょう。

例えば相手が、

「明日友達と〇〇に行くけど、天候が晴れかどうか気になる」

「〇〇は寒いって聞くので、何を着たらいいか分からない」

と聞いたとします。

「〇〇 天候 明日」とか、「〇〇 服装 おすすめ」とかで「ググる」ように伝えましょう。

質問してくる方が、

・どう調べたらいいのか分からない

・相手の時間を奪っていることが分からない

・コミュニケーションを取りたい

 

とあるかも知れませんが、こっちの知ったことではありません。

調べるように促せば、

・どう調べたらいいのか分からない
→ 調べ方を伝えた

・相手の時間を奪っていることが分からない
→ 調べるように促すことでやんわりと、忙しいアピール

・コミュニケーションを取りたい
→ 調べるように促すことでやんわりと、忙しいアピール

 

という風に解決できます。

 

最終手段:ビンタ

上記の解決方法で解決しない場合は、実力行使に出ましょう。

そう、暴力です。

というのは冗談ですが、時には冷たくすることも大事です。

質問をされる人は、優しい人が多いです。

そして、優しい人は、その優しさ故に毎回質問に丁寧に答えたり、自分が分からない場合は調べたりします。

そんな優しさを相手に発揮する必要はありません。

それが自分の身になれば良いですが、ならないようなことをするのは時間の無駄です。

相手のことも考えるのなら、はっきりと「その質問に回答したら、いくらくれるの?w」と言いましょう。

もしくは、少し濁して、「今度、お茶でも奢ってよw」と言いましょう。

会社のような上下関係がある立場だと、パワハラになりかねないので注意しましょう。

ちょっと「嫌な人」を演じることで、相手を遠巻きにすることもできマウs。

まとめ

以上、何でもかんでも質問する人の対処方法でした。

質問してくる人の大半は、「何をどう調べたらいいのか」がわかりません。

例えば、「明日の天気が晴れるかどうか」すらも、どのようにグーグルで調べればいいか分かりません。

「明日 天気」や「○日 天候」と調べたらいいだけです。

しかし、これは調べるのが当たり前の人には常識ですが、質問してくる人はそのような想像力がありません。

それには、

・経験がない

・若い(親にインターネットの利用を制限されているため自由にできない)

など様々な理由があります。

質問ばかりしてきて、「自分で少しは考えてよ」とイライラするかも知れませんが、相手にも事情があります。

もちろん、こちらにも事情はありますけどね笑

少しずつ、質問してくる人が自立できるように後押しをしてあげましょう。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

<note紹介>

夏に起こったしょうもない出来事について書いてます。

夏の出来事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です